遊びのある暮らし 007

室内外に2つのキッチンが!4人家族のおいしい笑顔あふれる家。

Data

竣工年月/2017年2月
敷地面積/138.02㎡(41.75坪)
建物面積/98.91㎡(29.92坪)

以前は京都の賃貸ハイツに住んでいたというY様。約1年をかけてじっくりとつくり上げた住まいには、すみすみまでこだわりが込められています。中でもひときわ個性がきわだっているのが、20帖超の広々としたLDK。南向きの開口部と吹抜けから明るい光がたっぷり届く空間には、大胆かつ繊細なアイデアがぎゅっと詰まっています。 「夫婦ともに料理が好きなのでキッチンを中心につくり込んでいきました。2人がゆとりをもってすれ違えるスペースを確保したり、システムキッチンには3口コンロがすべて並列になったワイドなものを選んだりと、スムーズかつ心地よく料理できる空間を目指したんです。あと、調理器具類をたっぷりと置けるようL字型のカップボードを選んだところもポイントです。昔から好きだったけど、ここに住んでから料理をもっと楽しめるようになりました」とご主人はにっかりと笑います。
使い勝手だけでなく、デザインにもこだわりがたっぷり注がれています。ご主人いわく「テーマは西海岸風」。その言葉の通り、広々とした空間には無骨でヴィンテージ感あふれる家具・インテリアがちりばめられています。「家具でいちばん気に入っているのはダイニングテーブル。独特の味わいがあっていいなと。ちなみに、キッチン背面の隣に付けられた造作ラックは、ダイニングテーブルの風合いに寄せてぼくがDIYしたものなんです。それなりに上手くいったかなと満足しています」。休日になるとご親戚や草野球仲間が集まって賑やかな団らんを繰り広げているという空間には、西海岸の爽やかな空気が息づいています。

LDKのほかにも、Y様の個性がきわだつ空間はまだまだたくさん。極めつけといえるのは、外観のアクセントである木のルーバーの内側に「もうひとつのキッチン」がつくられているところ。海釣りが趣味だというご主人が、釣り上げた魚をさばくためのスペースです。「やっぱりさばいたばかりの魚は絶品で、子どもたちもすごく喜んでくれるんですよ」とご主人。取材時も自慢の包丁さばきを披露してもらったのですが、とてもあざやかで惚れ惚れとしました。また、玄関土間に大容量のシューズクロークを設計したところも特徴のひとつ。家族皆様の履き物だけでなく、釣り竿やクーラーボックスといったホビーアイテムなどがずらりと収納されていますが、まだまだスペースには余裕がたっぷり残っています。
また、ご夫婦だけでなく2人のお子様のためのこだわりも随所に。リビングとゆるやかにつながるウッドデッキ&庭はそのひとつで、3歳の弟くんの絶好の遊び場となっています。「あれ、いないなーと思ったら、あそこで元気に遊んでいるってことがよくあります。でも、リビングにいながら子どもたちの遊ぶ姿を見守れるっていいですよね。夏になったらプールを出してもいいかな」と、ご主人はとてもうれしそう。お姉ちゃんのためには、リビングの一画にピアノを。学校から帰宅すると時折、母娘でメロディを奏でることもあるのだとか。ゆとりに満ちた住まいには、4人ご家族の楽しい時間が大きく広がっていました。

お家のこだわりポイント!

Y様邸の最大の特徴は、やはり室内外にキッチンが2つあるところ。室内のキッチンは使い勝手だけでなくデザインにもこだわりがたっぷり詰まっていて、ご夫婦が2人並んで立つ姿はとっても絵になります。また、室外の魚をさばくためのキッチンは洗面室の勝手口とつながっているところがポイント。さばいたらすぐにキッチンまで運べるように工夫されています。

Thank you !

House owner → Prime Life

担当してくれたのは笹井さん。とても話しやすく楽しい人で、打ち合わせの日がくるのが待ち遠しかったです。初めての住まいづくりで不安もいろいろあったけど、ぼくらのペースに合わせてじっくり進めてくれたところもうれしかったです。また、つくっているときには気付いてなかったこまかな工夫もいろいろあって、住み始めてから感心することもたくさんあります。いい住宅会社と出逢えてほんとによかったです。

Prime Life → House owner

広々とした敷地を活かし、Y様ご家族のこだわりをたっぷりと詰め込みました。室内外に2つのキッチンをつくるなど、他にはあまりないユニークな住まいづくりに携わることができたことは光栄です。個性あふれる住まいで、末永くしあわせに暮らしていただければうれしいです。

ページトップへ