建築家と家づくりをする

プライムライフが建築家との家づくりにこだわる理由。

家族にはそれぞれの理想があり、家族の理想にあった暮らしのデザインが必要。

家を建てよう、とプライムライフに来られるご家族は、すべからく家にいる時間を良いものにしたい、家を建てることでもっともっと豊かな暮らしにしたいという想いがあるはずです。
そしてその「豊かな暮らし」「家族の時間」というものは、家族それぞれに理想があります。
その家族の理想にあった住まいをつくるためには、家族それぞれにプロセスが必要であり、それをサポートする存在が必要です。
建築家がたくさんの知識と経験をもとに、家族に寄り添ってそのプロセスをサポートすることで、新しい価値が生まれ、その家族にとって豊かな暮らしがつくられていく。そこに確信があるから、プライムライフは建築家との家づくりを提案します。

建築家と設計士の違い

設計士とは建物の設計図を描く人

設計士という明確な資格はありませんが、設計士の役割は企画されてあるべき姿が見定まった建物を、実際に工事するためや建築確認申請を通すために、書類として設計図を整える人のことを指すと考えています。
良い住まいを建てるために、きちんとした設計図は欠かせないものであり、とても大切な仕事のひとつですが、プライムライフが考える「家族にとって良い住まい」には、もう少し踏み込んだプロセスが必要だと考えています。

建築家とは建築を通して人の暮らしを描く人

いわゆる建築士、というのは国家資格に合格した人を指しますが、建築家というのは建築を通した暮らしづくりにこだわり、建築によって新たな価値を生み出そうとする人たちのことを指すと考えています。良い住まいを建てるためには構造や設計に関する学問的な知識はとても重要です。プライムライフはそういった技術や知識のうえに、住宅建築を通して新しい暮らしを提案する力を持った建築家との家づくりで、家族の新しい暮らしを想像することを提案しています。

家族のライフスタイルへの理解

住宅建築に精通する建築家は、家族の暮らしへの理解も深いものがあります。楽しいこと、遊びの要素はもちろん、日々の生活の中にある、小さな出来事も見逃しません。
家族構成、生活時間、生活様式、暮らしの中の様々な部分にアンテナを張り、家族ごとに違うライフスタイルを理解し、提案に落とし込むことができます。

家族の想像を超える提案

家族の要望を聞き入れて図面に反映するという単純作業の設計ではなく、理解したライフスタイルや家族の理想をどのように実現していくかを考えることが建築家の腕の見せどころです。家族が必要と考える機能にプラスアルファしたり、時には目線を変えて家族の理想以上の提案を得ることが、建築家との家づくりの楽しみのひとつです。

技術的にも信頼できるデザインと設計

建築デザインは非常にバランスが難しいものです。空間を広く取れば、耐震性能が下がるという影響が生まれる場合もありますし、窓を大きく取ればプライバシー性が下がったり冷暖房効率が下がるなどのデメリットが生まれる場合があります。建築家はそういったデザイン性や理想の領域と、実際に必要な住まいの性能のバランスを取りながら実生活にもメリットが残るデザインを提案することが可能です。

健康的で省エネ性の高い家
丈夫で長持ちする家
遊びのある家
ずっと安心して住める家
施工事例
土地探しからお任せください
チーフあそびオフィサーの部屋