Report.8

壁で遊ぶ家

壁一面に描かれた映画『エンドレス サマー』のグラフィティ。ご夫婦ともにサーファーで、映画のファンでもあることから、できることなら一番目立つ場所に描いてほしいとのご要望に「出来ますよ」とお答えしたところで、プライムライフで家づくりを即決!ご夫婦のセンスと、こまかなこだわりが目白押しの西海岸風ハウスのご紹介です。

O様ご家族
ご夫婦+お子さまふたり
場所
泉佐野市
敷地面積
103.68㎡(31.36坪)
延床面積
180.08㎡

「大勢の友達が集まる、好きなことを表現する」

サーフィンとだんじり、友達とそして家族を愛するご夫婦がつく家は、やりたいことが明確で、応えがいのある家づくりでした。多いときには20人ものだんじり仲間があつまるというリビングダイニングは、広々としたスペースをしっかりとって、そしてウッドデッキにもすぐ出られるプランニング。サーファー好きらしい西海岸風のまとまったコーディネートと、使いやすさと楽しみを調和させた家づくりです。

「指定席」のある住まい

家族にも、お友達にも「指定席」があるという住まい。座るところから見える光景は、それぞれに楽しみがあり、壁のグラフィティを背負う、ウッドデッキを眺める、みんなが集まって笑い合うところを眺める・・・家の中にお気に入りのシーンを見つけて指定席をつくっていく、そんな奥行きのある楽しみがあります。

ウッドデッキにつながる

リビングからそのままウッドデッキへ。元気な男の子兄弟は家の中だけに収まりません。自由に子どもたちが遊んでいても、ご夫婦はにこにこくつろいでいられるのも、オープンでつながりが常にある家づくりをしたからこそ。

オープンで、開放的。
だからいつもつながっている。

ダイニングまわりは遊び場

ダイニングテーブルの横には強化した梁から吊り下げたハンモック?ブランコ?がぶら下がり、その横では弟君がお絵かきタイム。リビングはまた違った表情があり、ティータイムもずっと子どもたちが遊んでいる、とにかく”動き”のある暮らしがとても楽しそうでした。

カウンターなし、オープン優先キッチン。

奥様のご要望であえてカウンターはすべてなしのフラットなキッチン作り。深い色のキッチンパネルに背景のオレンジの壁紙のコントラストが絶妙におしゃれなキッチン。友達がきてもそれは自慢になる空間作りです。キッチンからはダイニングもリビングもしっかり見渡せて、やんちゃな子どもたちがいつも視界にいます。

階段も、オープン。

リビング階段でありながら、さらにオープンな階段。ウッドでつくりあげた階段は、階段でありながらしっかりインテリアとしての存在感を持っています。子どもたちが駆け上がる駆け下りてくる、手に取るようにわかるのも、明るい家族にとっては大切な要素。

壁紙でつくる部屋の世界観

トイレには美しい青の壁紙を。ちょっとした小物とのバランスにセンスを感じます。弟くんのお部屋には緑の壁紙をチョイス。主張しながらもグリーンという癒しカラーをもってくることで、ちょっとやさしい雰囲気に。そしてお兄ちゃんは青をアクセントに。広い壁面は白、ベットの奥には青の壁紙。居室として落ち着ける雰囲気を保つためにはグッドバランスなアクセントの取り方です。

素材と小物のバランスが素晴らしい

この家を象徴するグラフィティの壁の横には、木板の飾り棚があり、そこに飾られる小物たちが西海岸風の世界観をしっかりと作り上げています。

キッチンをこれだけおしゃれに飾れるセンスはプライムライフも脱帽です。オレンジのチョイスも、お気に入りの空間に仕上げる小物のバランスもかっこいいです。

アクセントは壁紙だけではありません。水回りの立ち上がりはタイルをうまくつかって防水&デザイン性アップ。