耐震性・耐久性

丈夫で長持ちする家

地震・台風・火事、家族を災害から守ることは住まいに課せられた重要な役割のひとつです。
木造住宅は、四季のある日本に合う工法として古くから受け継がれ、進化を遂げてきました。プライムライフの家は最新の知見と技術、独自の資材調達と工法によって、木造住宅の中でも最高水準の耐震性能を実現しています。
また丈夫な家も、時間の経過とともに構造材が劣化し、性能が落ちてしまうことがない、そして将来的な大規模なメンテナンスを低減させるために、高い耐久性も確保し、末長く家族が安心できる住まいを提案しています。

パネル工法と構造計算でつくる 信頼度の高い耐震性能パネル工法と構造計算でつくる 信頼度の高い耐震性能

“面”全体で力を支えるR+パネル

木造工法の多くの考え方は柱と梁・筋交いを中心とした構造材を組み合わせることで耐震性を確保する構造になっています。
プライムライフの家はその木造工法に強固な構造パネルを加えることで、面で家を支えかつ揺れなどの圧力を分散する力によって、より強い耐震性能を確保しています。

全棟許容応力度計算で建築基準法の1.25倍の耐震強度を叶える

プライムライフでは、通常の2階建て住宅で採用されている壁量計算という面積と構造の要素だけを見る簡易的な計算ではなく、あらゆる方向からかかる力を緻密に計算して構造の強さを算出する許容応力度計算をすべての住まいに実施。
建築基準法の1.25倍の強さにあたる耐震等級2を標準とし、ご要望があればさらに強固な耐震等級3の建築に対応します。

許容応力度計算の内容

建物への荷重

建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

風圧力

台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

地震力

地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

接合部の確認

外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

基礎の設計

建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

偏心率

建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

高気密と換気性能が木造住宅を長寿命に。

快適性能は住まう家族だけでなく、家そのものにとっても健康的

高気密・高断熱・第1種計画換気を標準にしているプライムライフの住宅性能は、家そのものの結露・湿気を排除するため、構造材である木材やその他建材が傷みにくく、長持ちする効果があります。
床下、壁、天井うらの空気もいつもきれいで、カビの繁殖や腐食がしにくい、またシロアリも湧きにくい環境がつくられることで、長寿命な住まいを実現することができます。

地震の横揺れにも強く、液状化にも強い地盤改良

HySPEED工法とは

既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。

HySPEED工法のメリット

土壌汚染・地下水汚染がない工法

セメントなどのアルカリ性の素材ではなく天然の砕石と空気だけで施行するため土壌汚染や地下水汚染などもなく、将来の資産価値の目減りがありません。

液状化を抑制する工法

コンクリートの柱などを埋め込み強度をあげるのではなく、砕石を柱状に埋め込み杭とすることで、砕石の隙間に水が通りやすいため、地震の揺れにより上昇した水圧(水)が、砕石パイルを通じて外部に排出され、液状化の影響を抑制します。

環境に配慮されたエコな工法

有機的な素材を使わず、天然素材で施行する地盤改良だから、Co2の排出が少ないエコな工法です。地球にも家族にもやさしい地盤改良工法だといえます。

健康的で省エネ性の高い家 高気密・高断熱・換気性能
建築家と家づくり
ずっと安心して住める家 保証とアフターサービス
施工事例
イベント一覧