Report.11

光と風、笑顔あふれる高台の家

ご紹介するのは空がスカッと抜ける高台に立つH様邸。元気で仲の良い3姉妹が走り回る住まいには、さんさんと光が差し込み、やさしく風が吹き抜ける、心の贅沢がたっぷり。日当たりやプランニングだけでなく、家族の未来を見据えた工夫や、毎日を飽き足らずに過ごす工夫が詰まった家です。

H様ご家族
ご夫婦+3姉妹
場所
和泉市
敷地面積
114.44㎡(34.61坪)
延床面積
108.54㎡

「角を曲がって、わが家が見えるとあったかい気持ちになる。」

スカッと晴れた青い空に、白い塗り壁が映える家。ご主人のいう「わが家が見えるとあったかい気持ちになる」という言葉を納得させるには十分な佇まい。家の中に入ると、ご夫婦の3姉妹への愛情と、笑顔溢れる暮らしに対するこだわりが垣間みえる工夫がたくさん。じっくり作りあげた家には、随所に幸せが詰まっているなと感じられる空気が流れていました。

昼間は照明もいらない。子どもたちが元気に駆け回る毎日。

「日中に照明を点けることはほとんどないです。キッチン側にも窓があり、風もよく通るから居心地はサイコーですよ」と、優しい笑顔を浮かべるご夫婦。(この日は撮影のために照明をつけていただきました・・・)
木の温もりをたっぷり感じる無垢のフローリングに、さんさんと光が差し込み、風が抜けていく。そんな優しい住空間に元気な3姉妹の足音と笑い声が響く、心が明るくなるリビング。

造作のデスク・タイル・小窓がつくる、居たくなるキッチン。

少しレトロチックなタイル張りに、しっかりと光が差し込む小窓。そしてその下には造作でつくりあげた木のカウンターテーブルが。お店のキッチンのような仕上がりは、ご夫婦のお気に入りポイントのひとつ。素材の組み合わせにぴったり合わせられる造作家具は家づくりの遊びポイントとしてもおすすめです。

3姉妹が、自由にのびのび育つ家に。

明るい部屋で、自然と机に向かう子どもたち。

ふんだんな最高とシンプルなつくりの子供部屋に、長机をひとつ。だれかがここで遊び始めれば、みんなが集まって自然と机に向かう習慣ができる。お絵かきであれ、おままごとであれ、子どもたちが自ら机に向かって並ぶ姿は、親としてはとても幸せを感じる光景のひとつ。

いつかの「混雑」のためにつくった広々洗面室。

娘たちが大きくなるにつれ、きっと朝の支度は洗面所が混雑するだろう、そんな将来の成長をイメージしてつくり込んだ洗面台。既製品と造作をうまく組み合わせながら、自在な収納力と広々スペースそして椅子や踏み台が置きやすい構造に仕上げました。

無垢床はやさしくて気持ちがいい。

どこを走っても、どこに座っても、気持ちいい無垢床。静電気も発しにくく、一年を通したさらさらとした感触は、ソファや椅子より、床に直接触れたくなる。見た目にも癒し効果がある無垢の木で仕上げるフローリングは、小さなお子さまがいる家族ほどおすすめしたくなります。

いろいろ楽しむ、パパの顔。
楽しんでいると、家族が集まる。

ふと気づけばここでコーヒーを飲んでいる。

ずっといたくなるキッチンはパパの休憩所。気づけばコーヒーを入れて、座って、外を眺めている。リビングで駆け回る子どもたちの声を聞きながら、心落ち着く場所が家の中にあることは素晴らしいことです。

外だけど、「ぼくの部屋」。

ぼくの部屋とご主人が称する屋外スペースはコンクリートデッキに。好きな自転車を存分にいじれるスペースは、なにやってるのかな〜と遊びに飽きた子どもたちが集まってくる。リビングからすぐ横に設けられた「ぼくの部屋」は、ご主人の遊び場であり、子どもたちの休憩所にもなっています。

洗濯物干しではなく、ご主人が懸垂をする。

室内物干しスペースかと思いきや、ここはご主人が懸垂で腕力を鍛えるための場所・・・ご主人が懸垂を始めると、順番に3姉妹が集まってきて、私も私もと真似をし始めます。家の中で遊ぶ大人の真似をして、子どもたちはいろいろなことを覚えていく、そんな景色のある階段ホールです。